アイキャッチ画像

ライバーとは?YouTuberとの違いやどのくらい稼げるか徹底分析

ノウハウ

YouTubeで動画配信する人のことをYouTuber(ユーチューバー)と呼ぶように、ライブ配信プラットフォームやアプリを使って配信する人のことをライバーと言います。

世間一般的な知名度はYouTubeほどではありませんが、スマホひとつで稼げることからユーチューバー同様に注目を集めている新たな職業です。

最近では芸能人の参入も多数見られるなど、今後ブレイクすること間違いなしなライバーについて詳しく解説していますので最後まで是非ご覧ください。

ライバーとは?いくらくらい稼げる?

ライバーとはライブ配信プラットフォームやアプリを使用して、動画配信を行う人の総称です。その収入はランクやフォロワーの多さによって幅こそありますが、活躍しているライバーだと月間で数十万〜数千万円、年収1億円以上を稼ぐ人もいます。

代表的なライブ配信プラットフォームは台湾発の17 Live(イチナナライブ)をはじめ、DeNAが運営するPococha(ポコチャ)、日本で圧倒的なシェア数を誇るLINEの提供するLINE LIVE(ラインライブ)、芸能人やアイドルも使用するSHOWROOM(ショールーム)などがあり、それぞれユーザー層や課金システムも多種多様です。

YouTuberとどう違う?

YouTuberは編集した動画を配信するのに対して、ライバーは文字通りライブ配信(リアルタイムの共有)を行います。表情の変化や空気感を体感できるため、ライバーとリスナー(視聴者)の距離が近いのが特徴です。

また、YouTuberは動画の再生回数に応じた広告収入がメインなのに対し、ライバーはリスナーによるギフティング(課金/投げ銭)がメインの収入源になります。リスナーはライバーのパフォーマンスに対して応援やお礼の気持ちとしてギフティングをします。

さらに、YouTubeでは収益化まで一定の期間を要しますが、ライブ配信はスタート直後から収入が発生するのもポイント。配信を開始したその日から収入が得られるので、老若男女問わず興味を持つ人が多いです。

誰でも簡単になれる?どんな人が向いている?

ライバーはスマホ1つあれば誰でもなることができます。ただ、誰でも簡単に稼げるわけではありません。

リスナーさんとの距離が近い分、YouTubeよりもダイレクトに感情が伝わりやすいのでストレスがたまったり、モチベーションが上がらない時も配信し続けなければリスナーさんが離れていってしまうこともあります。

LIVER MAGAZINEではライブ配信で活躍するために必要なノウハウやマインドについて先輩ライバーさんに取材を行い、各方面のスペシャリストがインタビューに答えてくれているので是非チェックしてみてください。

ライバー事務所について

芸能人やタレント、YouTuberが所属する事務所があるように、ライバーを管理・マネジメントをしてくれるライバー事務所が存在します。

現役のトップライバーが質問に答えてくれる交流会が開催されたり、ライブ配信のノウハウが蓄積されたマネジメント体制が整っていたり、一緒に頑張る仲間ができるなど、様々なメリットがあります。

LIVER MAGAZINEでは様々なライバー事務所に取材を行い、事務所ごとの特徴や理念について深掘りした記事がたくさんありますのでチェックしてみてください。

ライバーを目指すなら今がチャンス

ライブ配信はYouTubeに比べてまだまだ成長途中段階です。だからこそ、今のタイミングで参入してもトップライバーまで上り詰めるチャンスが残されているとも言えます。

こうしている間にも少しずつ注目され始めているライバーという職業。さらなるブーム到来の前に是非始めてみませんか?

ライター紹介

この記事をシェアする

記事ランキング

  • テキスト画像
    サムネイル画像

    ライバー事務所選びに役立つチェックリスト

  • テキスト画像
    サムネイル画像

    ファッションライバーのももちが語るライブコマースの極意

  • テキスト画像
    サムネイル画像

    ライブ配信で成功する秘訣はライバー自身が楽しむこと

  • テキスト画像
    サムネイル画像

    徹底比較!おすすめのライブ配信アプリまとめ

  • テキスト画像
    サムネイル画像

    ライバーとは?YouTuberとの違いやどのくらい稼げるか徹底分析

ページトップに戻る