アイキャッチ画像

ミス東大コンテストに出場中のねもっちゃんが考えるライブ配信との向き合い方

インタビュー

「ミスコンの概念を変えたい…!」

そう語るのはミス東大コンテスト2020にエントリーNo.3として立候補しているねもっちゃんだ。他の候補者とは一線を画すスタイルで支持を得る彼女は一体どんな人物なのだろう?

ミスコンを“自分の思想を表現するフィールド”に選んだ

ーーーお会いできて嬉しいです!

ねもっちゃん:こちらこそ!よろしくお願いします。

【プロフィール紹介】東京大学医学部4年、ミス東大コンテストのエントリーNo.3。個性的なヘアスタイルやファッションでこれまでのミスコンに対するイメージをガラっと変えた時代の寵児。現在はIT企業でインターンを務めながら「ミクチャ」でライブ配信を行っている。

ーーーこれまで僕はミスコン自体に全く関心がなかったのですが、ねもっちゃんには光るものを感じました…!

ねもっちゃん:ありがとうございます!一般的なミスコンのイメージを変えたくて立候補しているので、そう言っていただけて嬉しいです。

ーーーいい意味で東大っぽくないですよね。

ねもっちゃん:よく言われます(笑)。固定概念や先入観に囚われず、自分を貫くことをポリシーにしているからかもしれません。

ーーーミスコンに立候補した動機を教えてください。

ねもっちゃん:入学当初からずっと興味はありました。ただ、当たり前ですけど東大には優秀な人がたくさんいて…。いつしか人と比べて自信をなくし、休学した時期もありました。でも、休学中に始めたインターン先の企業で少しずつ成果を出し始めたことを機に、徐々に自信が戻ってきたんです。

「自信満々」とまではいかないですけどね…。

ーーーなるほど。

ねもっちゃん:過去の自分に打ち勝つため、そして自分の思想を表現する場としてミスコンはピッタリだと感じて立候補しました。私は自分らしくあることを最も大切にしているので、「ミスコン=〇〇」というイメージを塗り替えるためのカルチャーリーダーとして旗上げしたんです。

ーーー反響はありましたか?

ねもっちゃん:賛同してくれる人はかなり増えました。これまでミスコンに興味がなかった方も、いつもの立候補者とは違う雰囲気を楽しんでいただけているみたいです。

飾らずに自分らしく振る舞える人しか勝たん

ーーーミスコンの評価項目にライブ配信での成績が関与することについてどうお考えですか?

ねもっちゃん:インターン先でインスタライブを活用したライブコマースを定期的に実施していたので、特に苦手意識などは感じずにすんなり受け入れられました。

ーーーそれはラッキーでしたね!どんな内容を配信しているのでしょう?

ねもっちゃん:前もってテーマを準備するのではなく、日常会話やいただいた質問に答えたりしています。私はSNSで過去の恋愛やマッチングアプリでの経験談を披露していることもあり、ディープな内容をさらけ出すとウケることが多いです(笑)。

ーーー飾らない姿が共感を呼ぶんですね。

ねもっちゃん:もともと話すことが好きですし、人見知りもしない性格なので楽しくライブ配信に臨めています。ただ、根本的に私は向いていないとも感じていて、ミスコンが終わったらライブ配信もストップする可能性が高いです。

ーーーなぜ向いていないと?

ねもっちゃん:ライブ配信で活躍するためには応援したくなるような人を目指す必要があると思っていますが、私はそういうタイプではないんです。また、リスナーさんのこと覚えたり、他の人の配信を見にいくなど、ライブ配信で活躍する(稼ぐ)ための努力ができない性格だろうなとも。

ーーーそうなんですか…。残念。

ねもっちゃん:それに、私は複数のことを同時にできないタイプなんですよ(笑)。今でさえインターンとミスコンの両立が大変なのに、ミスコン後は学業に専念する必要がある。それを見越すと、現状はライブ配信の優先度がどうしても低くなってしまうなって。

ーーーリスナーさんは寂しがりそうですね。

ねもっちゃん:とはいえ、これから先どうなるかは自分でも分からないですけどね!もしかしたらライブ配信でめちゃくちゃ人気になってしまって、やめられない状況になるかもしれないので(笑)。

ありのままの自分を愛せる人になろう

ーーーライブ配信をする中でつまづいたことはありましたか?

ねもっちゃん:コメントが止まる瞬間はつらいですね。でも、誰かが口火を切るのを待っていても解決しないので、そういうときはコメントを遡って深掘りせずに終わっていた内容を掘り下げたりします。

ーーー会話のヒントを探すのも大変そうです。

ねもっちゃん:私は飽き性で、先のことが予想できない方が楽しめる性格なんです。常に変化や刺激がほしいと思っているし、そういう意味でライブ配信はとても面白いです。何が起こるか分からないドキドキ感がワクワクしますね!

ーーー今後の目標があれば教えてください。

ねもっちゃん:キャラを作って自分を出し切れていない人が、世の中には意外とたくさんいます。それがダメというわけではないですが、ありのままの自分を出して認められた方が充実した人生を送れるはずなので、率先して自分らしく生きることを表現しながら共感してくれる人を増やしていきたいです!

彼女は自分のことを「応援したいと思われる人間じゃない」と言っていたけど、目標に向かってしっかり行動している姿を見ていると一緒に頑張りたいと名乗り出る人はたくさんいるだろうなと感じた。

今はまだ自分の存在意義に気づいていないかもしれないけど、彼女はきっともっと大きくなる。そんな予感と共に、これからの活躍を期待して見守っていけたらと思う。

ライター紹介

この記事をシェアする

タグ一覧

記事ランキング

ページトップに戻る