アイキャッチ画像

使い方に気をつければライブ配信には無限の可能性がある

インタビュー

ある日、こんなツイートを見かけた。

心に刺さるメッセージもさることながら、何よりも腹筋が美しい。どんなトレーニングをしているのか気になってプロフィールを見てみると、なんと彼女はライブ配信をやっていた。

これは運命に違いない(?)と思い、彼女に取材依頼を打診するとOKの返事が。

人間性を伝えるにはライブ配信が最適!

ーーー実は僕も年明けから筋トレをしていまして、だからこそあの腹筋は見事だなと感じました。

MARISA:ありがとうございます。まさかあのツイートがあそこまでバズるとは…。

【プロフィール】ダンス&ボーカルユニット「color-code」の一員として活躍する傍ら、ライブ配信プラットフォーム「Pococha」でライバーとしても活動中。力強いメッセージと共に、自身の腹筋を披露したツイートが話題となった。

ーーーMARISAさんのように腹筋を綺麗に割るためには、どれくらいの筋トレ期間が必要ですか?

MARISA:もともとダンスをやっていることもあり、筋肉がゼロの状態からスタートしたわけではないので参考になるかわかりませんが、本格的に筋トレを始めたのは去年の4月なので1年弱は続けていることになりますね。

ーーートレーニング時間はいかがでしょう?

MARISA:筋トレ以外の有酸素運動なども含めると、平均で2時間ほどです。もともとメンタルを鍛えるために始めたのですが、以前よりも声が出やすくなるなど、思わぬところで副次的効果がありました。

ーーーダンスとの出会いについて教えてください。

MARISA:母がフラダンスの先生だったこともあり、幼少期からダンスそのものが身近にありましたね。3歳からバレエを習い始め、中学生くらいからジャズダンス、その後タップやヒップホップなど、年齢と共に様々なジャンルを経験しました。

ーーー現在は、ダンス&ボーカルユニットに所属しているとのことですが、音楽も元々好きだったんですか?

MARISA:歌に興味を持ったのは、間違いなく宝塚の存在が大きいですね。好きすぎて受験までしました。まぁ、落ちたんですけどね(笑)。バンドをやってみたり、声楽を習ってみたりする中で、6年前に現在所属している「color-code」のオーディションを受け、結成に至ったというわけです。

ーーーいろんな活動をされてきたんですね。

MARISA:ライブ配信もそうですが、気になったことはとりあえずやってみる精神です。ただ、その頃はグループで配信していたこともあり、メンバー感でモチベーションに差が生まれて1度やめてしまいました。

ーーーなぜこのタイミングで再開を?

MARISA:自分の活動を多くの人に知ってもらうために、もっと自分にできることがあるし、やらなければいけないと感じたからです。ライブ配信は人間性が伝わりやすいツールなので、しっかりと自分を知った上でファンになってもらいやすい。ライブ配信では、自分のアイデンティティである歌を中心に発信し、今回話題になった腹筋のことも同時期にSNSで露出し始めました。

ーーーなるほど。

MARISA:「color-code」のコンセプトが“自由であること”なんです。自分がいいと思ったりやりたいと感じたことを積極的に表現することで、万人に理解されなくても自分らしくあることを誰もが肯定できるように、背中を押してあげられる存在でありたいと考えています。

便利だからこそ使い方には気をつけるべし!

ーーーライブ配信を始めたことで得られたものはありますか?

MARISA:圧倒的に間口が広がったと思います。自分の歌を聞いてもらおうと思ったら、以前はライブハウスや路上ライブなどに出向かなくてはならなかったのに、今は家にいながらそれができる。本当に便利な世の中になりましたよね(笑)。

ーーー人対人のコミュニケーションツールなので、つらいと感じることも多いのでは?

MARISA:あまりないですが、もしつらいと感じることがあれば私は無理してやらないです。いい配信ができなければ楽しみにしてくれているファンの方にも失礼なので、しっかり休んでコンディションを整えながら次回に備えますね。

ーーーMARISAさんの配信スタイルについてお伺いしたいです。

MARISA:基本的には歌を歌っています。雑談配信やラジオ配信など、なにげない時間を共有するのもひとつの形だとは思うのですが、家でやるからこそなおさらオンとオフをはっきりしたい。エンタメとして成立するものを届けたいし、ダラダラしているところを見せる必要はないかなって。

ーーー思い出に残っているエピソードはありますか?

MARISA:「足の裏を見せてください」と言われたときはテンションがあがりましたね(笑)。キターって(笑)。横柄な態度を取られたり悪口を言われたりする以外は面白いと思えるし、楽しめちゃう性格なんです。昔からネガティブな感情はあまり持たないかも。

ーーー足の裏…強烈ですね(笑)。

MARISA:私は「毎週この時間にライブ配信をやる」と決めているので、ファンの方はその時間に向けて仕事を終わらせてくれたり、ゴハンを食べて待ってくれたりしてするんです。時間を割いてもらっている以上は生半可な気持ちではいけないし、ファンの方にはすごく感謝しているのもイライラしない要因かもしれません。

ーーーご自身の性格を自己中だとおっしゃっていましたが、そのせいで苦労したことはありますか?

MARISA:寝坊して時間に遅れたり、気分が乗らない日は配信しなかったり、自分でも呆れるくらいマイペースなんです(苦笑)。でも、最近は開き直ってその性格を発信するようにしたら、少しずつ理解してもらえるようになりました。

ーーー自らの弱さを発信したんですね。

MARISA:包容力のあるファンの方々に甘えさせていただいております(笑)。そうでなければ息苦しくなって、根本的なところで活動そのものをやめてしまっていたかもしれません。弱さを見せるのは勇気がいることですが、自分を守るためにも必要なことだったと思います。

ーーーこれからライブ配信を始める人に向けて、アドバイスがあればお願いします。

MARISA:例え素人だとしても、公の場に出ている自覚をしっかり持ってください。ちょっとしたことで住所が割れたり、自らを危険に晒す可能性もあります。便利な世の中になったからこそリスクも上がっているので、ライブ配信を始めるなら芸能人になったつもりで振る舞ったほうがいいです。

ーーー確かに甘く見てはいけませんね。

MARISA:とはいえ、普通に過ごしていたら出会うはずがなかった人と知り合えたり、自分の可能性を広げてくれる素晴らしいツールだと思うので、使い方を間違えないことだけ意識していただければと。

ツイートだけ見るとストイックでさばさばした性格なんだろうなと思っていましたが、めちゃくちゃ優しくてキュートな方でした。

自分らしくあることの大切さを改めて感じ、自分らしさとは何かを見直すキッカケになりました。

ライター紹介

この記事をシェアする

タグ一覧

記事ランキング

ページトップに戻る